スキンケア化粧品

ほうれい線を消すための美容クリームは保湿+αの成分選びが重要

更新日:

ほうれい線を消すための美容クリームは保湿+αの成分選びが重要

ほうれい線を解消するためには乾燥しがちな肌を守る・保護することが何よりも先決です。

桝谷みなみ
私たち人間の肌は、知らない間に乾燥しており、ほうれい線が表面にでやすい環境を作っています。

ほうれい線のないハリや弾力のある肌でいるためには、お肌を乾燥から保護する美容クリーム選びにも慎重になりましょう。

ここでは、ほうれい線を予防・対策する美容クリームの選び方をご提案していきます。

美容クリームは閉じ込めるの能力が重要

ほうれい線を消す・解消していくためには、まず美容液で肌を引き締めることが大事です。
たるんだ肌を美容成分で引き締めることでほうれい線はスッキリと、ハリ・弾力が継続します。

しかし、美容液のままで終わらせてしまうと、せっかくの美容液成分が保護出来ていない状態で非常にもったいないのです。

美容クリームの役割は、引き締めた肌を上から保護することです。
美容液の仕上げ、スキンケアの最後を締める意味で、保護能力の高い美容クリームを選んでいきましょう。

美容クリームにはエイジングケア出来る成分をプラス

桝谷みなみ
美容クリームの成分は、保護する保湿能力以外にもエイジングケアが同時に出来るものにこだわりましょう。

美容液で引き締めた後は、肌にハリを与えて弾力を引き出すようなクリームでぴたっと閉じ込める必要があります。

肌の弾力やハリを引き出す成分には、ポリアミンやアップレビティなどがあります。
美容液で引き締めた肌の仕上げにはこうした美容成分が含有されたクリーム選びが大事です。

ほうれい線対策成分

ほうれい線対策のエイジングケア化粧品成分は、コラーゲンやエラスチンの生成にアプローチするものがオススメ。

中でも以下の成分はしっかりとチェックしておくとよいでしょう。

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • レチノイン酸トコフェリル
  • ヒアルロン酸
  • プロテオグリカン

他にもビタミンC誘導体以外の抗酸化成分である、アスタキサンチンやフラーレン、プラセンタエキス、コエンザイムQ10などは選択肢として考えておくとよいでしょう。

美容クリームはスキンケアの仕上げという意識

クリームには、化粧水や美容液を閉じ込める効果があります。

ほうれい線の解消に美容液を使うと非常に効果が高いのですが、その上にクリームで蓋をしてあげると、効果が長時間続くのです。

また、クリームは肌の生まれ変わりのリズムを整える作用もあるので、ほうれい線改善にはスキンケアの仕上げとしてクリームを使用しましょう。

乳液とクリームどちらを使えば良い?また、違いは?

乳液とクリームの両方を使わなければいけないかというと、そうではありません。

乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いです。

乳液の主な働きは、肌に油分を補い潤いを保ちながら肌表面を柔軟にすること、クリームは乳液と同様に肌に油分を補うことに加え、より高い保湿力で乾燥や外的刺激などから肌を保護する働きをします。

そして、決定的な両者の違いはその「保湿持続力」です。

軽やかな美容クリームで使用感にこだわる

ほうれい線を除去する為には、よりよい成分で付け心地が軽やかなものを選ぶと快適です。

桝谷みなみ
毎日使うものですから、快適さを求めたいですよね。

ほうれい線も解消出来て肌がしっとり軽やかになれば気分も晴れ晴れとするでしょう。

高浸透のクリームを選ぶこと

クリームは、美容液成分にぴたっと蓋をする役割があります。

クリームの成分にもいろいろありますが、中でもアジア酸、マデカッソ酸、アジアチコシドの三つの成分は、ほうれい線解消に最適な成分なのです。

これらの成分のパワーはさらに成分をナノ化することで、肌へ高浸透します。

美容液成分をばっちり閉じ込める為には、ナノ化された浸透率のよい成分を選びましょう。
肌のすみずみまで成分が行き渡ることで、顔全体にハリが出て美容液成分をよりサポートするのです。

スキンケアの仕上げである美容クリームは自分に合ったものを選ぶ

美容クリームに一番も求める能力、必要な能力は、保湿力です。

とくにほうれい線を解消したい人は、美容液の保護・サポート役としてクリームの保湿力の力を借りたいもの。

ただ、保湿力があるクリームは、べたつきやすというデメリットもあります。

とくに就寝前に美容クリームがベタついてしまうと、睡眠に障害をきたすデリケートな方もいるでしょう。
日中では、お肌が妙にコテコテした脂っぽい印象を与えてしまいます。

使用感の良い、毎日気持ちよく使美容クリームとは、成分の浸透率も豊かである上に軽やかでべたつきのないクリームなのです。

個人の好みにも当然左右されますが、こうした使用感・付け心地の良さで美容クリームを選ぶことも大事でしょう。

ほうれい線に対する美容クリームの使用方法

皮脂分泌の少ない部分を目安に塗ります。

20~30代なら目元や口元のみに。40代以降なら目元や口元にプラスして皮脂の足りない部分につけましょう。

普段から自分の肌をよく観察しておくと、どこに塗ればよいかわかるようになります。

  1. ステップ1:目元や口元にピンポイントで塗る
    適量のクリームを薬指にとり、皮脂腺の少ない目元や口元に、薬指で優しく馴染ませていきます。
  2. ステップ2:薬指でトントンと馴染ませる
    目元や口元などの皮脂腺の少ない部分にだけ塗りたいので、他の部分に広がらないように薬指でトントンと優しく叩くように馴染ませましょう。
NG行為
  • 強くこすったり、すりこんだりは刺激になるのでダメ!
  • 大量につけすぎるのも、テカリの原因になるのでダメ!

まとめ

ほうれい線を解消させる為には、美容液成分で引き締めや肌の弾力をアップさせることが肝心です。

しかし、美容液の成分を閉じ込める意味において、クリームの存在も欠かせません。
富士フィルムのアスタリフトやビーグレンのクリームはほうれい線の解消に効果的な商品です。
まずはトライアルセットで気軽にその実力を確かめてみましょう。

毎日のスキンケアがほうれい線の解消には大事ですが、美容液を支えるクリームの付け心地やカバー力も重視しながら選べば、一層肌が美しくなります。

ほうれい線美顔器CTA_01

今やほうれい線や目の下のたるみ、シワやシミに至るあらゆるエイジングケアの新常識は美顔器なのをご存知ですか!?

今あなたが悩んでいる老け顔の印象を決定付けるほうれい線はエイジング化粧品でも解消することは、ほぼ不可能です。
なぜなら、ほうれい線の原因はコラーゲンやエラスチンなどの「真皮層(肌の奥深く)の変性」と「表情筋の衰え」だからです。

 

その根本原因を解消しなければ、化粧品で一時的に目立たなく出来たとしても、またすぐに姿を表します。

 

そして、美容エステやクリニックではなく、美容業界人や芸能人・著名人がこぞってスペシャルケアとして愛用しているのが、なんと家庭用のリフトアップ美顔機です!

昨今話題に事欠かない家庭用美顔器市場は、次から次へと新たな機能が搭載された機種が登場して賑わいをみせています。

しかし、正直そうした盛り上がりを見せる一方で、実際にどの機種・機能がほうれい線や顔のたるみ対策に必要なのかわかりにくくなっているのも事実。

そこで、当サイトではほうれい線や目の下のたるみ、フェイスラインのもたつきを解消ひてくれるリフトアップ効果に着目し、実際に使用して評価の高かったもの、愛用者の生の声・口コミを集めて、誰でもひと目でわかるようにランキングでご紹介しています。

数ある機種の中から選び抜いた家庭用リフトアップ美顔器なら美容サロンやクリニックの1/10の価格でほうれい線対策を始めることが可能です!

ぜひ、あなたのお悩み解消の手助けができれば幸いです。

今すぐ人気の美顔器ランキングをチェック!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
BeautyCc編集部

BeautyCc編集部

大手化粧品メーカーの美容部員やカウンセラー、エステティシャンなど美容業界でバリバリ活躍していた女性たちが「子育て」と「好きな仕事」の両立を在宅ワークで実現するために発足したBeautyCc。 「プロの知識」×「素人の好奇心」をモットーにさまざまな美容アイテムの最新情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを体当たりで発信しています!

-スキンケア化粧品
-, , , ,

Copyright© ほうれい線を消す新常識!リフトアップ美顔器おすすめランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.