【永久保存版】ほうれい線を消す化粧品の成分や選び方まとめ

【永久保存版】ほうれい線を消す化粧品の成分や選び方まとめ老けた顔の印象は一度刻まれてしまうと中々改善するのが難しいもの。
見た目年齢を左右する一番の要因は目元と口元といわれます。
なぜなら、目元や口元は顔のパーツの中でも皮膚が薄く、ダメージが表面に出やすいからです。

そうして加齢や紫外線などのダメージによるほうれい線は特に厄介なもので一度深く刻まれてしまうと、重点的なスキンケアなしでは改善出来ません。

ほうれい線が出来てしまう原因を追究しながら、その原因に合った対策を考えていきましょう。

ここでは、ほうれい線の原因を探りながら、ほうれい線に有効的な化粧品の成分や選び方などをご紹介していきます。

まずはほうれい線が出来る原因を知る

ほうれい線が出来てしまう原因は主に3つに分けられます。
いずれかの原因のみだけでなく、双方の原因が重なり、深く目立つほうれい線になってしまうことも十分ありえます。

まずは、自分のほうれい線の原因を知り、どうの方法でほうれい線を解消するべか判断するのも大切なポイントの1つとなります。

加齢による表情筋の衰え

年齢を重ねた肌は、若い頃に比べて肌のたるみが出やすいのです。
若い頃にほうれい線が出来ていなかったのは、肌がピン張っていて弾力があったからです。

ほうれい線に関係してくる表情筋
加齢で徐々に肌がたるむのは、身体の筋肉が衰えてたるみが出てしまうのと同様で、顔の筋肉(表情筋)が衰えてくるという理由があります。

紫外線による肌の乾燥が原因の場合

女性なら誰しもが気にする天敵は紫外線です。

ほうれい線が出来やすい肌は、紫外線ダメージによる肌の乾燥の影響が大きいもの。
紫外線は、曇りの日でも降り注ぎ肌の奥深くまで届きながら皮膚の組織を破壊していきます。

紫外線対策や保湿は怠ることなく確実に行いましょう。

紫外線対策の日焼け止め化粧品選びの3つのポイント
 

  1. ポイント1:SPF&PA
  2. 日焼け止め化粧品の表示には、紫外線UVBのカット効果を示す「SPF」と紫外線UVAのカット効果を示す「PA」があるので、両方を必ずチェックしましょう。アウトドアシーンなどで使うなら、SPF値やPA値の高いものがオススメですが、数値が高いものやウォータープルーフのものは肌への負担も大きくなるので注意が必要です。

     

  3. ポイント2:紫外線吸収剤フリー
  4. 敏感肌の場合は、日焼け止め化粧品に入っている紫外線吸収剤(下記参照)が肌にとって刺激になることもあります。そこで紫外線吸収剤を含まないものを選ぶのがポイントです。

    • 紫外線吸収剤不要
    • 紫外線吸収剤フリー
    • ノンケミカル

    などと表示されています。

     

  5. ポイント3:クリームまたは乳液タイプが好ましい
  6. ローション、スプレー、ジェルタイプなどは使用感が良すぎて、ベタつきや白浮きを嫌う人に人気ですが、ほとんどのものが吸収剤のみで出来ています。吸収剤を含まないノンケミカルのものは、クリームや入液タイプの中にあることが多いようです。

コラーゲンやエラスチンなどの真皮層の変性

真皮はコラーゲンやエラスチンといった線維が網目状のネットワークをつくり肌の弾力をキープしています。紫外線や加齢の影響により、これらが減少・変性すると肌の弾力やハリが失われるのです。
コラーゲンの変性

たんぱく質からできていて、真皮の75%をしめ、真皮を支える役割を果たすコラーゲン繊維を鉄骨と例えるならば、そのコラーゲン繊維のジョイント部分がエラスチンです。どちらも年齢と共に減少し、切れたり、細くなったりするので、真皮を支えられなくなるのです。

ほうれい線の解消ステップ1:洗顔成分

気になるほうれい線…。とりあえず解消、薄くするために何から手を付けていったらわからない方も少くないでしょう。

スキンケアの基本ステップで大事なのが毎日の洗顔です。
また、ほうれい線の予防・対策には洗顔料にこだわる必要があります。

次は、洗顔に効果的な成分や洗顔料の選び方をご紹介していきます。

石鹸系洗浄成分に注目

洗顔料の成分に石鹸系洗浄成分が配合されているものがあります。
石鹸系洗浄成分には、

  • ステアリン酸
  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ミリスチン酸

などがあり、このうちラウロイルグルタミン酸Naはアミノ酸系なので、肌の乾燥に抜群に効果を発揮します。

石鹸系の洗浄成分が主に配合されながら、アミノ酸系の成分が含まれていれば、肌を労わりながらほうれい線の解消に繋がるでしょう。

保湿成分が含まれている洗顔料も選択肢に

ほうれい線対策の為の洗顔料には、コラーゲンなどの保湿成分が含まれているかどうかも重要です。
洗顔後に肌がカラカラにならないような設計であることが第一なのです。

洗顔料に配合された保湿成分は洗い流すので意味が無い!?
市販の洗顔料には、さっぱりタイプやしっとりタイプとうたわれているものがあります。
しっとりタイプには油分が含まれており、すすぎ流したあとに肌上に油分が残るのでしっとりと感じるしくみです。でも、油分が残ると毛穴が詰まったり、その後に付ける化粧品などの浸透を妨げたりします。洗顔は、やはり汚れを落とすことに徹するべきでしょう。

ほうれい線の解消ステップ2:化粧品の選び方

人によっては化粧品は、日々欠かせないもの。
また、朝から夜遅くまで忙しい現代人は、メイクなど長時間肌に乗せている人が多いのもほうれい線などの肌老化の原因の一つといってよいでしょう。

そこで化粧品の選び方を変えてみることもほうれい線対策には重要。
化粧品に含まれる成分や、化粧品の選び方を工夫するための基礎知識を知っておきましょう。

あれば便利なUVカット機能のある化粧品

化粧品を選ぶ際には、ほうれい線を解消させる成分と紫外線をカットする機能がある化粧品を選びましょう。

紫外線で肌が乾燥すれば、たちまちほうれい線は濃くなります。
成分と同じくUVカットが出来るかどうかも選ぶポイントになるのです。

日焼け止め化粧品は塗る量には注意が必要
日焼け止め化粧品の効果は、塗る量が少ないと当然下がります。
たとえばSPF値が20のものを塗っても、量が少なければSPF値10程度の効果しか得られないことも。
 
日焼け止め化粧品のSPF値は、実際に人間の皮膚を使って測定されます。その際に使用される量は、皮膚1平方cmあたり日焼け止め化粧品2mg。つまり、日焼け止め化粧品に表示されているSPF値は、そのぐらいの量で塗った場合の数値です。ところがこれはかなりの量で、実際に女性が使用している量は、平均的にその約1/4と言われています。

その場合、効果は約1/20に下がってしまいます。

日焼け止め化粧品はたくさんつけすぎると、ベタついて嫌だという人もいるようです。

その場合は、頬骨あたりにだけ少し厚めに塗るのがポイントです。
理由としては、紫外線によるシミは頬骨辺りからでき始めることが統計的に多いからです。

ほうれい線を解消する美容液

ほうれい線の解消には美容液の存在が外せません。

毎日使う美容液だからこそ、その成分や選び方にこだわりたいですね。

ほうれい線を解消の鍵となるメビヴェールやレスベラトロール

メビヴェールは人口皮膜成分であり、肌に塗った瞬間に皮膜をつくるので肌のバリア機能が高まる成分です。

肌にハリや弾力も出るので、ほうれい線をブロックするには最適です。

ポリフェノールの一種でもあり、強い抗酸化力により細胞の酸化を防ぐので、肌を保湿しながらほうれい線の解消に役立ちます。

ノーベル賞も受賞!注目は水溶性のフラーレン

フラーレンと呼ばれる成分は、ノーベル化学賞を受賞した知る人ぞ知る成分の1つです。

生体に適合しやすい水溶性のフラーレンは化粧品の中に含まれる注目すべき成分なのです。
肌の老化防止からシミ、シワ、たるみの改善が出来ますし、活性酸素を無害化する力もあるのでほうれい線解消に最適です。

抗酸化成分の重要性

真皮にはコラーゲンが網の目状に張りめぐらされていて、エラスチンがコラーゲン同士を結び付けています。
その隙間にはヒアルロン酸などが含まれていて水分を保持しています。これらが働きあってハリを保ったり、しわが出来ないようにしています。

活性酸素は、このコラーゲンやエラスチンを酸化させてしまいます。
そのため、活性酸素が増えると、コラーゲンやエラスチンがダメージを受け変性することで、弾力が失われたり、水分の保持ができなくなるため、肌に潤いやハリが低下します。

すると徐々に性質が変化してしまい、若々しいお肌に特有の弾力が失われてしまい、しわができやすくなるというわけです。

また、コラーゲンが破壊されてしまうと肌荒れや炎症の原因ともなります。

美容液選びはほうれい線を除去する鍵です

美容液を選ぶ際には、肌のバリア機能を高めたり肌を乾燥から一日中守れる美容液でほうれい線にアプローチしましょう。

美容液選びが鍵!ほうれい線を消すための美容成分はたったこれだけ!
ほうれい線はうっすらでも出ていると、随分と老けた印象を与えていることをご存知でしょうか? こうしたほうれい線やたるんでむくんだ顔をスッキリ...

ほうれい線を対策に欠かせない美容クリームの選び方

美容クリームは肌の保湿やほうれい線の解消に重要な化粧品です。
美容クリームの成分に注目しながらクリーム選びをしていきましょう。

ビタミンA誘導体やヒアルロン酸でハリ・弾力up!

クリームの成分の中にビタミンA誘導体が入っていると、シワや肌のハリが蘇ります。

乾燥から肌を守ると同時に、肌のハリを取り戻す成分がビタミンA融合体なのです。
さらにヒアルロン酸などの保湿成分が入っていれば、ほうれい線対策は完璧になります。

美容クリームを見極める

クリームにも数多くの種類が出ていますが、ほうれい線に効果のある保湿成分や、肌にじんわり効いてハリを出す成分が含まれているかどうかを見極めることが重要です。

ほうれい線を消すための美容クリームは保湿+αの成分選びが重要
ほうれい線を解消するためには乾燥しがちな肌を守る・保護することが何よりも先決です。 私たち人間の肌は、知らない間に乾燥していてほうれい...

まとめ

ほうれい線の原因になる乾燥や肌のたるみは、毎日使う化粧品で改善させていきましょう。
その為には、化粧品に含まれる成分の存在が重要です。

化粧品選びは、ほうれい線解消に効果のある成分があり、肌にプラスとなるようなものを吟味していきましょう。

もう「ほうれい線」で悩めない!? ほうれい線美顔器CTA_01

今やほうれい線や目の下のたるみ、シワやシミに至るあらゆるエイジングケアの新常識は美顔器なのをご存知ですか!?

今あなたが悩んでいる老け顔の印象を決定付けるほうれい線はエイジング化粧品でも解消することは、ほぼ不可能です。
なぜなら、ほうれい線の原因はコラーゲンやエラスチンなどの「真皮層(肌の奥深く)の変性」と「表情筋の衰え」だからです。

 

その根本原因を解消しなければ、化粧品で一時的に目立たなく出来たとしても、またすぐに姿を表します。

 

そして、美容エステやクリニックではなく、美容業界人や芸能人・著名人がこぞってスペシャルケアとして愛用しているのが、なんと家庭用のリフトアップ美顔機です!

昨今話題に事欠かない家庭用美顔器市場は、次から次へと新たな機能が搭載された機種が登場して賑わいをみせています。

しかし、正直そうした盛り上がりを見せる一方で、実際にどの機種・機能がほうれい線や顔のたるみ対策に必要なのかわかりにくくなっているのも事実。

そこで、当サイトではほうれい線や目の下のたるみ、フェイスラインのもたつきを解消ひてくれるリフトアップ効果に着目し、実際に使用して評価の高かったもの、愛用者の生の声・口コミを集めて、誰でもひと目でわかるようにランキングでご紹介しています。

数ある機種の中から選び抜いた家庭用リフトアップ美顔器なら美容サロンやクリニックの1/10の価格でほうれい線対策を始めることが可能です!

ぜひ、あなたのお悩み解消の手助けができれば幸いです。

最新リフトアップ美顔器人気ランキングをチェック!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほうれい線を消す美容整形の費用や将来的なリスクとは?

必見!ほうれい線を消す美容整形の費用や将来的なリスクとは?

老け顔一直線のほうれい線が20代女性に急増!?原因と対策まとめ

老け顔一直線のほうれい線が20代女性に急増!?原因と対策まとめ

誰でも簡単!ためしてガッテンで話題となったほうれい線の消し方まとめ

誰でも簡単!ためしてガッテンで話題となったほうれい線の消し方まとめ

豊富すぎて選べない!?ほうれい線解消グッズのメリット・デメリット

豊富すぎて選べない!?ほうれい線解消グッズのメリット・デメリット

ほうれい線を消す魔法!?ベロ回し体操のアンチエイジング効果が凄い!

ほうれい線を消す魔法!?ベロ回し体操のアンチエイジング効果が凄い!

男性こそほうれい線対策を!デキるビジネスマンは清潔感で決まる!

男性こそほうれい線対策を!デキるビジネスマンは清潔感で決まる!