30代が勝負!ほうれい線の原因と深くなる前の老け顔対策法まとめ

30代が勝負!ほうれい線の原因と深くなる前の老け顔対策法まとめ
お肌の曲がり角と言われる20代を過ぎ、30代に突入すると一気に老け顔の印象が目立って実感してくると思います。
老け顔は様々な要因が積み重なり印象を作っているのですが、もっとも気になる部分としてはほうれい線が深く刻まれていくことは以下のアンケート調査でも明らかです。

30歳-59歳の女性500人にオンラインアンケートを実施したところ、76%が「顔のシワが気になることがある」と答えた。年代別の割合は、30歳代が74%、40歳代が76%、50歳代が77%と、30歳代のうちからすでにシワが気になっている人が多い。

シワが気になる部分(複数回答)は、「ほうれい線」(60%)が最も多く、以下「目尻のシワ」(42%)、「目の下のシワ」(32%)、「額のシワ」(29%)、「口元のシワ」(24%)と続いた。初めてシワが気になった年齢の平均は「39歳」で、中には「18歳」などかなり若いうちからシワに悩んでいる人もいた。

  1. ほうれい線:60.3%
  2. 目尻のシワ:41.8%
  3. 目の下のシワ:32.0%
  4. 額のシワ:28.8%
  5. 口元のシワ:23.5%
  6. その他:7.4%

また、「あなたは普段、年齢よりも上に見られることが多いですか?下に見られることが多いですか?」の質問には、65%の女性が「下に見られることが多い」と自己評価した。

こうしたほうれい線は何も対策せず放置することで、より深く深く刻まれていくので、目立ってきた時にはすぐに予防・対策を講じる必要があります。

笑った時に出来る線と違い、普通の顔をしていても線として刻まれているほうれい線は、メイクでは上手く隠し切れません。

ここでは、そんな30代にもっとも多い悩みであるほうれい線の原因や予防対策についてご紹介していきます。

まずは、ほうれい線の原因を知ること

ほうれい線には、いくつかの原因があります。
その原因は個々で違いますから、自分のほうれい線はどの原因が当てはまるのかを知った上で予防対策を考えていきましょう。

頬の筋肉のたるみがほうれい線を作る

加齢によって頬の脂肪は徐々に下がっていくと、溝が深くなりほうれい線と呼ばれる一つの線になります。
顔の筋肉は姿勢の悪さや運動不足で落ち込みやすいですから、運動不足を感じている人は運動不足解消を目指していきましょう。

また、顔の表情筋は使わないことで落ち込んでいきます。
鏡を見て口を大きく開けるエクササイズをしたり、お風呂でマッサージするなどして頬の筋肉がたるまないような環境を作っていきましょう。

紫外線や乾燥もほうれい線に大きく影響する

ほうれい線は乾燥や紫外線によっても深くなります。
肌が乾燥していたり、紫外線の影響を受け続けていると、肌にハリや弾力が失われていくのです。
弾力が低下すれば、肌が下へ下へと落ちていくので、ほうれい線は瞬く間に出来上がってしまいます。

日頃の乾燥対策や紫外線対策が万全であるかも考えてみましょう。
家にいても紫外線の影響は受けますから、紫外線に強いクリームなどで肌ダメージから身を守りながらほうれい線をカットしたいですね。

生活習慣の乱れもほうれい線が深く刻まれる要因

30代になって、まだ夜更かしや食生活の乱れた生活を送っていませんか?
若い頃の習慣を30代になっても続けていると、それがほうれい線となって顔に表れることがあるのです。
肌のターンオーバーは規則正しい生活をすることで整います。

夜更かしの生活では、肌リズムがバランスを崩してなかなか再生出来ない肌へと変化するので、肌のバリア機能も低下するのです。

肌のバリア機能の低下はほうれい線を作り出します。
さらに、食生活の乱れは体内から肌がキレイになることを妨げるので、ほうれい線を寄せ付けてしまうのです。今一度生活習慣について見直してみましょう。

今すぐできる3つのほうれい線解消法

鏡を見てほうれい線に気が付いたと言う人は、まずどんなことから始めれば良いのか悩んでしまいますね。
出来てしまったほうれい線やほうれい線の予防には次のことなどを実践して対策していきましょう。

保湿力の高い美容液でほうれい線をブロック

ほうれい線には美容液による乾燥対策や保湿力対策が外せません。
保湿力の高い美容液を使うことで、肌の奥まで成分が浸透するので、潤いが長時間続くのです。

  • ヒアルロン酸
    もともと人の細胞と細胞に存在する保湿成分。
    1グラムで6ℓの水分を保持できる作用を持つゼリー状の成分。
    ヒアルロン酸が減少すると肌みずみずしさが低下してしまいます。
  • セラミド
    肌の角質層に存在する保湿成分。
    水分保持機能があるため、肌をみずみずしい状態に保ちます。
    紫外線やアレルギーなどの外部刺激から守るバリア機能を持つので、肌荒れしにくい肌へ導きます。

両方共に元々肌に備わる水分保持成分です。
肌なじみもよいので、30代以降のエイジングも含めたスキンケア商品を選ぶ際には要チェックしておきたい必須成分です。

エイジングに欠かせない肌のハリを取り戻す美容成分

ヒアルロン酸はもちろん、コラーゲンやレチノールなどのエイジングケアの出来る成分が配合されている美容液は、ほうれい線の予防にもなりますし、出来てしまったほうれい線を緩和させることもできます。

  • ビタミンC誘導体
    美白作用や抗酸化作用に優れた成分「ビタミンC」を肌に浸透しやすいように改良し安定化させた成分。色素沈着を防いだり、新陳代謝を促進するなど、さまざまな美容効果がある。
  • レチノール
    肌のターンオーバーを促す成分。シワやシミにも効果がある。
  • エラスチン
    皮膚にも存在するタンパク質の一種でゴムのように伸縮性のある成分。コラーゲンを支え、肌のハリや弾力を保つ。

化粧品を選ぶ時には美容成分名にも注目してください

なかなか消えないほうれい線は保湿力+弾力肌を取り戻す成分が配合された美容液でブロックしましょう。
日々のスキンケアをエイジング向けに充実させることがほうれい線の除去や予防に繋がります。

入浴中のマッサージでほうれい線をスッキリ

ほうれい線は30代になると、深くなりやすく、加齢によって頬がたるんでくることが原因です。
そのような時にはお風呂で頬の筋肉をマッサージしてほうれい線をスッキリさせましょう。

マッサージ専用のジェルなどで、ほうれい線をなぞって引っ張るようにマッサージすると、小顔やリフトアップ効果も望めますし、ほうれい線を薄くすることも可能です。

毎日のマッサージは血行が悪くなってしまわないように、できるだけシャワーで済まさずに半身浴をするほうが理想的です。
入浴中の時間を賢く使って行うと効率的ですし、隙間時間を活用する習慣が身につけば今後様々なエイジング対策に活かすこともできます。

表情筋を鍛えるエクササイズも

マッサージとともに衰えた顔の表情筋も筋力をアップすることを意識しましょう。
表情筋のトレーニングには色々とあり、自分に合った方法を見つけるのが続けるためのコツです。

専用の家電やグッズを買うのもいいですが、

  • ペットボトルや割り箸を使ったり
  • 顔ヨガ
  • 舌回し

など、日常生活の中で今すぐに実践できるようなお手軽なものから初めていくのがオススメです。

整形手術でほうれい線を解消

美容整形には、ヒアルロン酸注射や、高周波治療によってほうれい線を消す治療があります。
ヒアルロン酸注射は10分程度と気軽で、半年に一度のペースで打つことでほうれい線が目立たなくなります。

高周波を使った治療では、肌の真皮層のタンパク質を破壊してヤケドの状態にさせ、そこにコラーゲンを作らせる方法です。
注射も高周波も費用は掛かりますが定期的に行うことで気になるほうれい線を解消出来ます。

まとめ

ほうれい線をもっと効率よく対策する為には、家庭用美顔器の存在が外せません。

家庭用美顔器は、エステや整形よりも経済的な面で優しいですし、何より手軽で続けやすいと言うメリットがあります。

最近の家庭用美顔器は驚くほどキレイな肌へと導き、ほうれい線の悩みをアッと言う間に解消するものばかりです。
注目されている家庭用美顔器を知って、誰よりも先にほうれい線対策をしましょう。

もう「ほうれい線」で悩めない!? ほうれい線美顔器CTA_01

今やほうれい線や目の下のたるみ、シワやシミに至るあらゆるエイジングケアの新常識は美顔器なのをご存知ですか!?

今あなたが悩んでいる老け顔の印象を決定付けるほうれい線はエイジング化粧品でも解消することは、ほぼ不可能です。
なぜなら、ほうれい線の原因はコラーゲンやエラスチンなどの「真皮層(肌の奥深く)の変性」と「表情筋の衰え」だからです。

 

その根本原因を解消しなければ、化粧品で一時的に目立たなく出来たとしても、またすぐに姿を表します。

 

そして、美容エステやクリニックではなく、美容業界人や芸能人・著名人がこぞってスペシャルケアとして愛用しているのが、なんと家庭用のリフトアップ美顔機です!

昨今話題に事欠かない家庭用美顔器市場は、次から次へと新たな機能が搭載された機種が登場して賑わいをみせています。

しかし、正直そうした盛り上がりを見せる一方で、実際にどの機種・機能がほうれい線や顔のたるみ対策に必要なのかわかりにくくなっているのも事実。

そこで、当サイトではほうれい線や目の下のたるみ、フェイスラインのもたつきを解消ひてくれるリフトアップ効果に着目し、実際に使用して評価の高かったもの、愛用者の生の声・口コミを集めて、誰でもひと目でわかるようにランキングでご紹介しています。

数ある機種の中から選び抜いた家庭用リフトアップ美顔器なら美容サロンやクリニックの1/10の価格でほうれい線対策を始めることが可能です!

ぜひ、あなたのお悩み解消の手助けができれば幸いです。

最新リフトアップ美顔器人気ランキングをチェック!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

加齢とともに避けられないたるみ毛穴..

たるみ毛穴解消の新常識はリフトアップ美顔器!?原因とエイジング対策まとめ

ほうれい線を消す美容整形の費用や将来的なリスクとは?

必見!ほうれい線を消す美容整形の費用や将来的なリスクとは?

食事や食べ物が表情筋の衰えを加速!? 憎きほうれい線解消のコツとヒントをチェック!

食事や食べ物が衰えを加速!?憎きほうれい線解消のコツとヒント

これだけでもう大丈夫!ほうれい線をメイクで隠す時短テクニック集

これだけでもう大丈夫!ほうれい線をメイクで隠す時短テクニック集

老け顔一直線のほうれい線が20代女性に急増!?原因と対策まとめ

老け顔一直線のほうれい線が20代女性に急増!?原因と対策まとめ

えっ!ほうれい線を消す体操が逆効果でより老け顔の印象が濃くなる!?

えっ!ほうれい線を消す体操が逆効果でより老け顔の印象が濃くなる!?