食事や食べ物が衰えを加速!?憎きほうれい線解消のコツとヒント

食事や食べ物が表情筋の衰えを加速!? 憎きほうれい線解消のコツとヒントをチェック!

ほうれい線は加齢にともにやってくる老け顔の印象を与える憎きエイジング現象です。

ほうれい線ができてしまう原因は、顔の表情筋の衰えやコラーゲンの変性などによるものですが、30代も過ぎて何も対策をしなければ安易に出やすいものです。

表情筋の衰えは、身体の筋肉とどうよう鍛える必要があるのですが、鍛える前に大切なのが食事の内容や普段食べている物を見直すことです。

身体と同様、どれだけ鍛えていても食環境が悪ければ意味がないのと同じく、あまり接点がなさそうな表情筋も食環境が大きく影響します。

表情筋を鍛えてほうれい線のないスッキリした顔を目指すためには、食環境の見直しを意識していきましょう。

ここではほうれい線に悩みだしたら、まずは積極的に摂取したい食べ物や食習慣の改善についてご紹介していきます。

ほうれい線解消に欠かせない食べ物をチェック

ほうれい線やシワが出来てしまう原因の1つに肌の乾燥、いわゆる保湿不足が挙げられます。

年々失われるお肌の水分保持力は、保湿ケアを年齢に合ったものに対応させれば、ほうれい線の予防・対策も出来ることになります。

ほうれい線が改善出来る食べ物を意識的に摂取して、体の内側から若々しいお肌を作りましょう。

女性には偉大過ぎる!?大豆イソフラボンのパワー

肌の乾燥を防ぐ為に欠かせないのが、肌の保湿力を高める成分である大豆イソフラボンです。

女性ホルモンによく似たイソフラボンの構造を利用して、肌を内側から保湿させてあげましょう。
大豆イソフラボンは主に豆腐、納豆、味噌などの大豆食品に含まれています。

大豆食品を意識して摂取していれば、体の内側から湧き出る保湿効果で、ほうれい線を予防、改善出来るのです。
大豆イソフラボンは、ポリフェノールの一種でもありますから、抗酸化作用もありアンチエイジングにも一役買うのです。

新陳代謝をupさせる食べ物も効果的

肌の新陳代謝が悪くなると、血行不良に陥ります。

血行不良はむくみの原因になりますから、顔のたるみやほうれい線へと繋がっていくのです。
血行不良によって細胞に酸素が届かなくなると、ほうれい線がますます深くなっていきます。

新陳代謝を上げるためには、アミノ酸を含むキュウリや、ビタミンPを含む玉ねぎを摂取することが大事です。
キュウリはシトルリンと呼ばれる成分が含まれているので、血行促進に役立ちます。
玉ねぎは血液をさらさらにする効果があるので、血流改善には欠かせませんね。

豊富なビタミン摂取でほうれい線予防

ビタミンは美しく水々しいお肌創りにとって大事な成分です。

肌の老化を防止しながら、肌を内側から健やかにさせてくれるので、毎日ビタミンを摂取していきましょう。
ビタミンの中でもビタミンEは、ゴマやナッツ類に含まれているのですが、若さを引き出す成分であり、ほうれい線の予防や改善に繋がる成分なのです。

また、ビタミンEは抗酸化作用もありますから、肌の老化を防止しながらほうれい線の出にくい肌へと導いてくれます。
また、ビタミンCも肌の若さを保つ成分であり、果物はもちろんのこと、ブロッコリーやじゃがいも、サツマイモにも含まれていますから、普段の食事にこうした野菜も加えてみましょう。

顔の表情筋を衰えさせない食環境を徹底する

ほうれい線に良い食べ物を食生活の中に取り入れることはもちろん大事ですが、顔の表情筋の落ち込みや顔のたるみを解消する為には、食べ方自体の見直しも必要です。

普段の意識付けから習慣化していけば、ほうれい線を始め、目の下のたるみなど老け顔の印象がスッキリした顔になれることも認識しましょう。

忘れがち!?食事中の表情筋ストレッチ

顔の筋肉は加齢によって避けるこは難しく、たるみがどうしても目立ってしまうものですが若い人でもたるんでほうれい線が出ていることがありますから、一概に加齢のせいだとはいえません。

顔の表情筋は、食事中によく咀嚼するストレッチだけでもアップさせることが出来るのです。

柔らかい物ばかり食べずに、スルメなどの硬いもので表情筋を鍛えることも大事ですし、左右バランス良く噛んでゆっくり食事をすることも肝心なのです。

片方の歯ばかりで食事をしていると、左右非対称のほうれい線が出来てしまい、余計に顔のたるみが強く出て見えますから、食事中には良く噛み、硬い物も食べるなどして表情筋の衰えを防ぎましょう。

糖分を控える食習慣でほうれい線をブロック

甘いお菓子や、ジュースの飲み過ぎで、ほうれい線がくっきりと目立ってきてしまうことがあります。

これは、肌の糖化と呼ばれる現象で、糖分の多いものばかりを摂取することで、余計な糖分がタンパク質と反応して体内でなかなか分解されずに硬く、弾力やハリのない肌になってしまうことです。

弾力やハリのない肌は、たるみがちでほうれい線を安易に作り出しますから、肌の糖化には要注意でしょう。
肌を糖化させてほうれい線を作るような糖分の多いものは控えることが大事です。
おやつなどは、ビタミンの多いフルーツに変えるなどして、ほうれい線を防ぎましょう。

まとめ

ほうれい線を改善、予防するような食べ物はこのようにいくつかあり、ほうれい線を改善させながら、肌のダメージも修復させます。

さらに、良く噛むことや、糖分の多いものばかり食べないような食習慣も大事です。
バランスの良い食事に心がけて、ほうれい線をブロックしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルゴラインで老けた印象9割増し! 美顔器でしっかりと予防対策を!

ゴルゴラインが老け顔の印象9割増しに!?原因と予防対策まとめ

たったの一分やるなら今でしょ! 鎖骨を押すだけでほうれい線が消えるって一体!?

鎖骨を押すだけでほうれい線が消える!?驚きの効果やるなら今でしょ!

これだけでもう大丈夫!ほうれい線をメイクで隠す時短テクニック集

これだけでもう大丈夫!ほうれい線をメイクで隠す時短テクニック集

老け顔の印象が2倍増し!?マリオネットラインの原因と予防対策まとめ

老け顔の印象が2倍増し!?マリオネットラインの原因と予防対策まとめ

えっ!ほうれい線を消す体操が逆効果でより老け顔の印象が濃くなる!?

えっ!ほうれい線を消す体操が逆効果でより老け顔の印象が濃くなる!?

ほうれい線を消す美容整形の費用や将来的なリスクとは?

必見!ほうれい線を消す美容整形の費用や将来的なリスクとは?